四日市 ストレートネック とは|2017/05/19

久しぶりの投稿になります。ゴールデンウイーク中に目の上をケガするアクシデントに見舞われ、7針縫うことになりましたが今は抜糸も済み回復しています。

 

さて、今回はストレートネックについてです。一度はお聞きになったことがあるのではないかと思いますが現代病といえる疾患で若い世代を中心にどんどん増えています。

なぜ、増えているかというと原因はスマホの長時間の使用やパソコン作業などのデスクワークなどが挙げられます。スマホ、パソコンの使用中の姿勢というと背中を丸くして肩は巻き、顔が前に出る状態です。

 

医学的にいうと顎が前に出ることによって後頭部が下がり隆起部で第1頸椎とぶつかり、その間を通過する神経血管を圧迫します。血管を圧迫することで頭痛、めまい、吐き気などを起こします。神経を圧迫すると、神経根の圧迫で手指や肩甲骨の内側やその周囲などの放散痛を出します。

 

原因が骨にあるのですが、骨折や脱臼しているわけではないので病院でのレントゲン検査では異常なしということになり、シップ痛み止めで様子見ということになりがちです。しかし、見方の違いによって異常なしがありになることがあるのです。つまり、前述のように後頭部で圧迫が起こっていることによって問題が生じていることを放置すれば、症状が良化することはありません。

頭部のアライメントがどうなのか。ストレートネックの有無。頸椎の捻れ、肩甲骨の高さ、可動性、周囲の筋や筋膜の滑りは正常かなど、検査することは多々あります。レントゲン検査だけが異常なしというだけではもはや大丈夫とは言えないと思います。

 

またストレートネックには猫背がほとんどのケース絡んでいます。もっと言えば腰椎も影響がありますし骨盤も動かされています。すべてを広く見て施術をしていかなければ首だけ施術しても戻ってしまうのです。

 

当院では、身体がどう歪んでいるのかしっかり評価します。そのうえでその原因ヶ所を骨、骨盤椎骨などの骨に対するアプローチと共に筋そして筋膜に対してあらゆる適切なアプローチを選択し院長の私がすべて行います。また、説明することに重要性を感じていますので

どんな疑問不安についても説明するようにしています。

 

何かご相談があれば遠慮なくご連絡ください。ホームページからのメール相談が気軽で便利かと思います。是非ご利用ください。

 

トップページ

お問合せはこちら|四日市たなか接骨院

四日市たなか接骨院

tel:0120545636