産後に股関節が痛いのはなぜか?|2016/05/19

沖縄では梅雨入りしたようですが、この地方では最近のお天気は

気持ちの良い日が続き過ごしやすいのではないでしょうか。

 

この地方といえば、いよいよ来週伊勢志摩サミットが開催されます。

サミットがある影響はあまり感じませんが無事終わって伊勢志摩

の知名度が上がって三重県が盛り上がっていけば良いなと思います。

 

 

さて、産後に股関節の痛みや「カクカク」するなどの違和感で

悩まされるている人はかなり多く当院にも通院されています。

 

そんな産後特有の股関節痛の原因はなんでしょう。産後の股関節痛

の原因の多くは骨盤のズレが由来で起こっています。

 

産後は出産時に赤ちゃんが通るため靭帯や筋肉が緩み産道が広がります。

それを骨盤が開くと表現しますね。

 

開きは徐々に固まり閉じていきますが、出産時に歪みを伴い開くことが多く、

歪みが残存したまま閉じたり、閉じが不十分な状態だと痛みや違和感になります。

 

産後の股関節痛は特有の原因がありスポーツなどの運動で引き起こされる

股関節痛と原因が異なるため、その治療方法も産後股関節に対して特化した

特別な治療を施さなければ、その場の痛みは治まってもぶり返し根本改善しないわけです。

 

産後に股関節が急に痛くなった人は、産後骨盤矯正が必要です。

 

股関節が痛い人の骨盤は左右差があり、また脚の長さが左右で違っています。

自分でわかるぐらいズレて長さが違う方は、できるだけ早く治療をした方が良いです。

 

自分でわからないような何ミリという人も、その状態が解消されなければ

根本改善は難しいと思われます。

 

産後の痛みでお悩みがあれば、ご相談ください。メールではホームページのアクセスタブ

問い合わせフォームからどうぞ → t-naka.jp/access/

 

産後骨盤矯正 をお考えの方 → http://t-naka.jp/matanity/公式ホームページはここをクリック

お問合せはこちら|四日市たなか接骨院

四日市たなか接骨院

tel:0120545636